うつ病研究者あいことの生活記録

うつ病で会社を退職。大学院に戻りうつ病再発、再々発しながらも博士号を取得した研究者のブログです。うつ病になった社会人時代の話を今は主に書いています。

同期と僕の決定的な差がわかり、さらに自信を失い社会人一年目が終わった

やっと出会えた楽しい職場で書いたように僕は仕事をやっていけそうだという自信を取り戻した時期もありましたが、年末が近づいてくる3月に、1年目の新人社員が東京本社に集められて、この1年間でどう成長したのか?などを発表する研修が控えていました。僕は…

初めての心療内科に行った話:医師に何を話すのか準備が必要

ずっと不安で押しつぶされそうで辛くて、ついに心療内科を予約してから2週間。やっと予約日になった。しかし、職場環境が変わったおかげなのか、最近は、不安を感じることが少なくなり、心療内科に行く必要もなくなった感じに。念のため、病院に行ったのだが…

やっと出会えた楽しい職場

うつ病ブログなのに、うつ病らしい話は全然出てこないブログですが、今回はうつ病とは本当に無縁の話で、所属するプロジェクトが変更になったのをきっかけに、仕事が楽しいと感じられ、僕もこの調子なら働けるぞ!と自信を持った話になります。

会社で人に話しかけられない僕が話をする方法

入社以来、会社の人にどうやって話しかけてらいいのかわからないという悩みを持ち続けていた僕。結果として、極力話しかけないという姿勢を取るようになりました。雑談も参加しない。わからないことがあっても相談しない。でも、どうしても、先輩社員や上司…

初めて心療内科を予約したけど診察は2週間後

少しづつ自分自身がおかしい気がするようになってきた。明日会社で自分に何が降りかかって来るのかが不安で、いつもそればかりが気になって、家に帰っても休まらない。夜になると明日が来るのが嫌で寝たくない。毎日がサザエさんのエンディングを見たときの…

朝が嫌いだから寝たくない

毎日ほぼ遅刻するようになる。この頃、僕は夜寝るのが怖くなった。朝が来るのが嫌だった。だから、毎晩3:30くらいまで起きていた。結果的に起きるのは8:30とぎりぎりになり、遅刻か遅刻じゃないかくらいの9時前後にしか出社しなくなる。

できない奴ほど残業するは正しい!?

10月から加入したプロジェクトでは、可もなく不可もなく仕事をしていたが、仕事の進捗が芳しくなく、残業しても仕事が終わらない状態に。他の人はみんな帰ったのに、僕だけ残る。でも、早く帰れと言われる。僕だけ仕事が終わらない。できない奴ほど残業する…

次のプロジェクトへ。人間関係再構築。同期がうらやましい。

9月プロジェクトは一旦終了し、違う部門のとあるプロジェクトで働くことになった。前のグループやプロジェクトにさえまだ馴染めてないのに、再び知らない人たちに囲まれて人間関係のゼロから構築をすることになった。悪い人はいないのだが、僕は輪の中に入る…

プロジェクトメンバーの輪に馴染めないことによる不安

9月から刈谷で働くようになって、仕事に慣れないわけでも、プロジェクトメンバーにも慣れないわけではないが、やっぱり壁があるように感じた。みんないい人ばかりなのに、なぜ僕は輪には入れない?うまく接することができない?

好きな曲が嫌いな曲になった話

新入社員として、8月に自動車部品メーカー向けのシステム開発プロジェクトに配属になり社内で1ヶ月働いた後、9月からはプロジェクトメンバー全員が客先で作業をすることになった。僕は名古屋駅の近くに住んでいて、客先は刈谷だったので9月の1ヶ月間は毎日電…

新人が電話応対をなぜしなければならない?正統的周辺参加?

8月に配属されてから、新人ということで難しい仕事もなく、仕事量も少なかった。ただ、どうしても嫌な仕事が一つあった。今日はその話で、その仕事で理不尽なことも経験した。まぁ、僕が悪いみたいだったので、仕方がないのだけれど・・・

ついに配属:まずは新人らしく簡単な仕事から

大阪での新人研修、名古屋での部門研修、あと、他にも何かあったような気がしますが、それらが終わると8月になり、ついに新人が正式に事業部に配属されました。なので、僕が働き始めたのは8月頃からだったと思います。僕は自動車部品メーカーを相手にいてい…

事業部研修で自信を少し取り戻す

新人研修では、人と話すことができないという症状により、悲惨な結果となり、僕は自信を失い、研修は終了した。新人研修の地大阪から配属先の名古屋に移動して僕を待っていたのは、事業部研修という名のまた研修であった。もう研修はこりごり、不安の中始ま…

大阪最終日の部屋掃除と同期との握手

大阪で行われていた新人研修では、グループメンバーに話しかけられない、コミュニケーションができないなど散々で、僕は自信を失った。でも、そんな新人研修も無事に(?)終了し、大阪滞在最終日を迎えた。そんな最終日の出来事で印象に残っている2つの話。

新人研修:ぼっち飯をしていた当時の僕は苦だと思っていなかったけど

3ヶ月あった新人研修のうち、うまく立ち回れたのは最初の1ヶ月目だけ。5月、6月と行われたグループワークでは、グループメンバーに話しかけられないという謎の症状に見舞われ、それに気を取られて相手の話の内容も覚えられないという症状も出だした僕。そん…

新人研修後半:グループワークのリーダーをやらされる

新人研修後半のグループワークが始まって以降、僕はグループのメンバーに話しかけられない、言葉を発せないというよくわからない状況に陥っていた。そして、そのことばかりに悩み、気を取られ、人の話も全く聞いていない、記憶に残らないという症状まで出て…

新人研修後半:話の内容が全く頭に残っていない。

新人研修のグループワークで言葉が全く発せなくなり、無口になった僕は、常にどうやって話すかばかりに気を取られ悩み続けました。でも、僕に降りかかったことはそれだけではありませんでした。他にも「あれ?僕おかしいんじゃない?」という出来事があり、…

新人研修前半:人生つまずきの始まり!?グループワークで言葉が発せない

楽しい大学生活を終えた僕は、無事にIT企業に就職し、入社式を終えた。そして始まったのが大阪での新入社員研修であった。この時期はまだ研修であり楽であったが、僕はたびたび僕自身でも自分のことがおかしいと感じる違和感ににたびたび遭遇した。今日は、…

学生最後の日と社会人最初の日

楽しい4年間の大学生活は幕を閉じ、2009年4月から僕は社会人となった。90%の不安、10%の期待を持って始まった社会人生活は、不安が的中し、うつ病のため2年足らずやめることになったわけだが、大学生最後の日〜社会人最初の日の話である。