うつ病研究者あいことの生活記録

うつ病で会社を退職。大学院に戻りうつ病再発、再々発しながらも博士号を取得した研究者のブログです。うつ病になった社会人時代の話を今は主に書いています。

サラリーマン時代(新人研修時代)

大阪最終日の部屋掃除と同期との握手

大阪で行われていた新人研修では、グループメンバーに話しかけられない、コミュニケーションができないなど散々で、僕は自信を失った。でも、そんな新人研修も無事に(?)終了し、大阪滞在最終日を迎えた。そんな最終日の出来事で印象に残っている2つの話。

新人研修:ぼっち飯をしていた当時の僕は苦だと思っていなかったけど

3ヶ月あった新人研修のうち、うまく立ち回れたのは最初の1ヶ月目だけ。5月、6月と行われたグループワークでは、グループメンバーに話しかけられないという謎の症状に見舞われ、それに気を取られて相手の話の内容も覚えられないという症状も出だした僕。そん…

新人研修後半:グループワークのリーダーをやらされる

新人研修後半のグループワークが始まって以降、僕はグループのメンバーに話しかけられない、言葉を発せないというよくわからない状況に陥っていた。そして、そのことばかりに悩み、気を取られ、人の話も全く聞いていない、記憶に残らないという症状まで出て…

新人研修後半:話の内容が全く頭に残っていない。

新人研修のグループワークで言葉が全く発せなくなり、無口になった僕は、常にどうやって話すかばかりに気を取られ悩み続けました。でも、僕に降りかかったことはそれだけではありませんでした。他にも「あれ?僕おかしいんじゃない?」という出来事があり、…

新人研修前半:人生つまずきの始まり!?グループワークで言葉が発せない

楽しい大学生活を終えた僕は、無事にIT企業に就職し、入社式を終えた。そして始まったのが大阪での新入社員研修であった。この時期はまだ研修であり楽であったが、僕はたびたび僕自身でも自分のことがおかしいと感じる違和感ににたびたび遭遇した。今日は、…

学生最後の日と社会人最初の日

楽しい4年間の大学生活は幕を閉じ、2009年4月から僕は社会人となった。90%の不安、10%の期待を持って始まった社会人生活は、不安が的中し、うつ病のため2年足らずやめることになったわけだが、大学生最後の日〜社会人最初の日の話である。