3. 初めての長期休養: 休職中期

実家の6匹の猫からもらった幸せ

休職で実家に帰ってから、気分はよくなりました。 それは猫のおかげなのではないか?と思った話。 猫、寝室へ侵入 僕の両親は共働きでした。僕は毎朝9時ごろに起きていましたので、両親ともにすでに家を出た後でした。 「トイレに行こう...
3. 初めての長期休養: 休職中期

実家は近所の目があるから引きこもってしまう

うつ病で休職して3ヶ月後に実家に帰省し、実家での生活という良い生活環境により、うつ病による意欲の低下は止まり、元気になっていきました。 ただ、実家だと、外出しにくいという欠点がありました。 なぜなら、子どもの頃から僕のことを知っ...
3. 初めての長期休養: 休職中期

小さくなった両親と大きくなっただけの僕

2010年9月にうつ病で休職してから3ヶ月たち、ようやく実家へ帰省しました。 ここからの2ヶ月くらいの間に(2010年11月末から2011年1月)、僕は名古屋と福岡をよく往復していました。 その最初の福岡帰省の話。 小倉到着 ...
3. 初めての長期休養: 休職中期

帰省の新幹線で嘔吐、乗り物酔いが始まる

親にうつ病であること、休職したことを電話しました。その時、母に「帰ってきなさい」と言われたこともあり、帰省することにしました。 名古屋から実家の福岡県北九州市まで新幹線だと3時間ほどかかります。自宅から名古屋駅、小倉駅から実家の時間も...
3. 初めての長期休養: 休職中期

うつ病で休職になったことを家族に伝えた話

2010年7月に社内ニートになり、9月には仮病で連続欠勤、うつ病と診断され1ヶ月の休職となり、9月末に2ヶ月の休職追加が行われ、そのまま9月、10月、11月と家に引きこもる生活を過ごしました。 そんな11月中旬の話。 休職前半の9月...
2. 初めての長期休養: 休職初期

みんなが僕のことを笑ってる気がして外出できない

この時期に限らず、うつ病らしき状態になってから外出することがすごく難しかったです。 限られた外出の機会は休職によりなくなり、それを伴ってなのか外出するたびに他の人に笑われている気がして、やがて夜しか外出しなくなりました。 限られた外...
2. 初めての長期休養: 休職初期

休職初期は心療内科へ行くのもしんどい話と休職延長の話

休職前は2週間に1回の心療内科への通院は、休職に入ってからは週1回の通院に変わりました。 ただ、通院回数が増えたからと言って、目に見えて元気になったかというとそんなことは一切なく、どうすれば良いのかわからない日々でした。だからボケーっ...
2. 初めての長期休養: 休職初期

休職期間の半分が終了し再び閉塞感が出現

1ヶ月間の休職期間の前半2週間を終えた頃からジワジワと開放感がなくなり、閉塞感が現れました。 「会社に行きたくない」 2週間後に会社に行けるような気がしません。それ以前に、行きたくないです。 こりゃわがままであって、うつ病...
2. 初めての長期休養: 休職初期

休職中は布団中心の生活だからシャワーを浴びても体がすぐ汚くなる

うつ病になってからは、やる気がほとんど出ないので、やらなくても生きていけることは最低限しかやりませんでした。 休職が始まると、やらなくても生きていけることはやらなくなりました。 洗濯 シャワー 歯磨き 洗濯...
2. 初めての長期休養: 休職初期

めんどくさくて休職中は同じものばかり食べてたら食事が不味くなった

うつ病による休職が始まり1日、2日は開放感から元気になった気がしましたが、その後はそんなことはなく、ズルズルと日々を過ごすだけになりました。 何もすることがないので寝たい。夢をみたい。それだけが楽しみでした。 食べることは好きで...