目次ページ

「うつ病サラリーマンから研究者へ」にご訪問ありがとうございます。

このブログを運営している佐々木と申します。

現在

サラリーマンだった2010年にうつ病を発症し、働き始めてたったの2年で会社を退職。以降、何度もよくなったり、悪くなったりを繰り返している30代前半(既婚)の男、社会科学系の博士として研究者をしています。

つまり、うつ病でなんども転んだことのある元サラリーマン、今は研究者ということです。

簡単な歴史

ここで、僕の簡単な歴史を紹介します。このブログの目次みたいなものも兼ねる予定です。

2005年3月

浪人生として大学受験に挑むも失敗。

実は、中学受験、高校受験、大学受験(現役)、そして、大学受験(浪人)と全て失敗。

2005年4月〜2009年3月(大学生)

滑り止めの関西の私立大学で学生生活を送る。

行きたい大学ではなかったが、サークルに、ゼミに、研究に、充実した4年間だったと思う。

社会人1年目

2009年4月〜2009年7月(新人研修の頃)

一部上場のIT企業に入社。新人研修中に、自信をなくし始める。

  1. 学生最後の日と社会人最初の日
  2. 新人研修のグループワークで言葉が発せない
  3. 言葉を発することに気を取られ会話が頭に残っていない
  4. コミュ障の僕が新人研修のグループワークでリーダーやった話
  5. 新人研修中に毎日ぼっち飯をしていた当時の僕
  6. 3ヶ月を共にしたゴミだらけの部屋と同期との別れ
  7. 新人研修3度目のグループワークでやっと上手くこなせた話

2009年8月〜2010年7月(仕事に慣れない頃)

仕事に慣れない!けど、それは新人なら当然だよね。

それにしても、なぜこんなに不安になるんだろう?僕はおかしい・・・。

  1. 働き始める!新人という配慮により問題は顕在化せず
  2. 新人の仕事・電話応対にて腑に落ちないミスで怒られる
  3. 満員電車や通勤行列で毎日が苦しいので対策した話
  4. 仕事なのに不明点を先輩に話しかけられない、相談できない
  5. プロジェクト変更は変化のチャンスではなかった話
  6. できない奴ほど残業するは正しい!と実感した話
  7. 朝が嫌いだから寝たくない
  8. 初めて心療内科を予約したけど診察は2週間後
  9. 会社で人に話しかけられない僕が会話する方法
  10. やっと出会えた楽しいプロジェクトは1ヶ月半で終了
  11. 初めての心療内科では医師に何を話すのか準備が必要
  12. 同期と僕の決定的な差を痛感し自信喪失で社会人1年目終了

社会人2年目

2010年4月〜6月(急降下開始)

2年目になり頑張ろうと思ったが、失敗が続き、急転落へ。

  1. 社会人2年目になり僕なりに頑張ろうと思った
  2. セルフチェックでもミスに気づけずミスを連発する情けない日々
  3. 孤独な社会人生活

2010年7月〜8月(最後の仕事)

そして、これが最後の仕事になった。

設計書がない、実力もない、何がなんだかわからないのにお客さんからの問い合わせは来る、予算がないので勤怠システムに入力できない、上司に呼び出され説教を食らう。

「もう嫌だ・・・」

もっと僕が頼もしかったなら、避けられただろう。

  1. 設計書がないシステム保守 わからないことがわからない
  2. 何時間、何日間かけても1人で解決できない!
  3. 社内で一人ぼっち 孤独な僕
  4. 悪化する状況を上司に相談するも諦めた僕
  5. 「仕事したくない」と思うようになる
  6. なぜ僕は悩みを相談できないのか?同期の女の子と徒歩帰宅の話
  7. 会社で暴言を吐かれたのは僕の甘えのせい
  8. 仕事の悩みを親に相談するも理解されない
  9. 最後の1ヶ月はただの社内ニート
  10. 僕を雇う予算はない!勤怠管理システムに入力できない
  11. 「考えろ!」と言われても「考える」という文字しか浮かばない

2010年9月〜2011年3月(初めての休職)

仮病から始まり、ついに休職。しかし、本当にうつ病だったのか?、僕は甘えてるだけじゃないかという気持ちが僕自身を失望。何より会社に復帰することが怖くて、ズルズルと休職期間は長期化。

  1. 仮病で会社を欠勤した1日目 朝起きると体が磁石みたい
  2. 仮病二日目 通勤途中で逃げ出し心療内科へ
  3. 週明けも仮病「熱がある」で4日連続欠勤

このブログの目的

僕の歴史を見てわかる通り、大学卒業後に3度うつ病で長期の休暇を取りました。facebookやinstagramの友達を見ては、なぜ自分だけがこんなに苦しい状況に置かれているのか?宝くじが当たるよりも難しい確率だろに、なぜ僕の環境はこんなにも苦しいのか、僕ばかり不平等じゃないかと思うことが多々あります。

でも、それを思うだけで、吐き出す場所がありません。嫁にそんな話をすると、嫁は受け止めてくれますが、それを続けていると嫁の方も気が参ってくるようで、嫁ばかりに頼るわけにも行きません。

なので、ブログに思ったこと、聞いてほしいことを書こうと思いました。

しばらくは僕がうつ病を発症した社会人生活の頃の話から現在に至るまでの話を順番に記述していこうと思います。