同期と僕の決定的な差がわかり、さらに自信を失い社会人一年目が終わった

※ 初めて当ブログを訪問された方はこちらから⇒目次ページ

やっと出会えた楽しい職場で書いたように僕は仕事をやっていけそうだという自信を取り戻した時期もありましたが、年末が近づいてくる3月に、1年目の新人社員が東京本社に集められて、この1年間でどう成長したのか?などを発表する研修が控えていました。僕はこの研修で発表する資料作りで苦労し、他の同期と比べるとはるかに質の低い僕の発表資料しか作れず、上司たちには酷評され、自分自身に失望し、やっぱり自信を失うような感じでした。本当に打たれ弱いです。

スポンサーリンク

研修用の発表資料が作れない。僕は一体この1年に何をしたのか?

新人時代が終わろうかという社会人1年目の3月ごろ時に、自分の一年間の成長やら今後のゴールやらを発表しなければならない研修がありました。この研修は東京の本社で行われ、他の同期や人事の前で一人ずつ行うものです。

なので、時期が近づいてきたので発表資料を作る必要があるのですが、僕はこの資料を全然作ることができませんでした。

早く作らないといけないのに、全然アイディアも思いつかず、考えようにも考えられないし、どうしてしまったんだろうか?と思いながらも、手付かずのまま時間が過ぎて行きました。

確か3月初め頃の月曜日に、名古屋の中日本事業部の事業部長、副部長、上司、先輩社員の前で、その発表資料や発表をチェックする機会がありました。

ところが、僕は全く発表作りが進まず、金曜日にもできず、土曜日にもできず、日曜日にもできず、結局発表チェックの当日の月曜日の朝ギリギリ完成したような感じでした。

なぜ、こんなに発表資料が作れなかったかといえば、僕はこの1年間、仕事をするたびに自信を失ってネガティブ思考になっていました。でも、社会人だから仕事をしなければならないので、自信は失われ続け、どちらかといえば働きたくない、仕事と関わりたくない、仕事は最低限だけ、家に帰っては酒を飲んで、出社はギリギリ。

そんな生活だったので、自分が仕事を通して成長したこととか、今後どんな風になりたいかなんて考えたこともないわけです。なので、作れるはずがありません。

ため息やら失望の眼差し、そして酷評される僕の発表

結果として、僕は、1年目の社会人としての仕事の記録など一切とっていなかったので、自分はこんだけ成長しました!といったところで、証拠不十分、説得力なしというパワーポイントを作りました。

そして、それを発表しました。発表時間とか、何番目に発表したかも覚えていませんが、発表が終わった後の上司たちのため息やら失笑は今でも忘れられないです。それくらいにひどいものだったので仕方がないですが・・・。

そして、もちろん酷評されました。かなり厳しい口調でコメントする上司もいて、心が痛むのを感じました。でも、こうなったのは自分の責任ですから。

さらに、よく覚えているのが、数名の先輩が僕の発表最中〜発表後くらいに離席し、次の発表者の発表が始まるまで戻ってこなかったことです。

考えればすぐわかることですが、他人が酷評されたり、厳しいコメントをされている様子を見たいという人はいないと思います。ほとんどの人が不快に感じるはずです。たぶん、その先輩たちもそうなんだと思います。だから、その時間だけ席を外したんだと思います。

説得力のある発表をする名古屋の同期たち

それに対し、同期は、配属後、配属してしばらく、最近の3つくらいの段階に分けて、配属後はテストが1日に何ケースしかできなかったが、今では1日にこんなにできるようになったとか、自分の担当した箇所のバグの数がこんだけ少なくなったとか、様々な場所に数字を使って説明していました。

そうした同期たちの発表練習を見て、上司たちは、「君みたいな子に仕事をしてもらいたい!」と大喜びでした。

数値データが大切なのは僕も知っています。でも、それを本当に知っているのと同期たちとただ知っているだけの僕はこんなにも違うんだと感じた出来事でした。そして、すごく落ち込みました。

PDCAサイクルを回し成長する同期たちと、PDサイクルで変化しない僕

PDCAサイクルというのがありますが、僕の場合、 PLANして、DOして、上司から間違いを指摘され落ち込み、いやいや次の作業を始めるというサイクルだったんだと思います。

つまり、 PD落ち込む PD落ち込む と言った具合に、PDしか機能していませんでした。結果として、PDサイクルだけで変化なしの僕。

一方、同期たちは、 PLANして、DOして、CHECK(評価)とACT(改善)ができるように日々の記録をしっかり残して確認して、業務を改善するということが身についていた、もしくは身につこうとしていたんだと思います。

僕だけが、やり直しを命じられるが、変化なし

僕は、その後2回にわたり、この発表資料の修正を言い渡されて、合計で3回も上司たちに見てもらったが、もちろん上司らが納得のいくプレゼン資料は作ることはできませんでした。

10人いた同期のうち、やり直しを命じられたのは僕だけでした。

この時期、僕はなんか変だなぁと自分に違和感を再び感じるようになりました。

考えても何も思いつかない。作業しようにも何も手につかない。 この発表資料にしてもそうだ。まったく、どう作っていいかわかりません。

いくら考えてもいい発表内容は思いつきませんでした。(そりゃ、使えるネタがないから、作れるはずもない。)

自信はさらになくなり、社会人1年目は終了

この時、強く思ったことは「大学の頃は、人前で発表することは得意だと思っていたし、資料作りも得意だと思っていたけれど、でも、そうじゃなかったんだ。あれは、一緒に作業してくれた友人の助けがあったからできたんだろうな。」ということでした。

自信とか、夢とか、そんなものを持ちたくなくなり、すごく消極的になって、どちらかというとネガティブな方向の目標を持つようになりました。

我慢して生きていこう。

そんなのが僕の目標となりました。

今思うと、この頃くらいから、上司たちも僕が使えない問題児という認識をするようになったんじゃないかという気がします。

なぜなら、3月が終わり、次のプロジェクトに移動した際に行われた飲み会で、そのプロジェクトの先輩メンバーの一人にに「あいことくんって、あの問題の?噂は聞いてるよ〜」と言われたので、きっと社内には僕に関する良くない噂がたっていたようです。

こんな感じで、僕の社会人1年目は自信を失って終了しました。

スポンサーリンク